こんにちは。

最近ナンパをしているときに、
”いい女風の前髪かきあげ系女子”を見ると、
ちょいちょいイラッとする根岸ですw

流行りなんだと思いますけど、
その「私いい女なんです」感がイタいんですよね(苦笑)

と前置きは置いといてですが、
今日は”会話スキル”に関して書いていきたいと思います。

会話スキルの重要性

恋愛においては”会話”の重要性は、
多くの方が認識しているとは思いますが、

逆に言えば、

「会話って重要だよね。」

くらいの認識に留めてしまっている方も
おそらく多いと思うのです。

要するに”会話”が重要だということは認識していても、
その”スキル”を向上させようと努力をしている方というのは、
それほど多くは無いのではないかと思います。

ただその理由の大半は、

「でも、どうやって会話スキルって身につけるの?」

とそもそも”会話スキルの向上のさせ方”が、
わからないということが原因でしょう。

会話スキルの力

会話とは”可能性”を広げるスキルです。

このブログではナンパに関する話や、
恋愛に関する話を中心に書いていますが、
よくよく考えてみて下さい。

ストリートナンパでもクラブナンパでも、
合コンでもパーティーでも何でもいいですが、
初対面の女の子と出会ったあと、
そこから”ゲット”に繋げることができる人間と、
何も発展させることができない人間に分かれます。

まぁ・・・言うまでも無く当たり前のことですが。

で、当然ながら誰しも、

”声を掛けてからゲットできる男”

になりたいはずです。

少なくとも、このブログを読んでくれている方であれば、
そう思って頂いていることかと思います。

ではでは、その”違い”とは一体何でしょうか。

ゲットに繋がる男とゲットに繋がらない男。

その”違い”さえわかれば、
意図してゲットに繋がる男になれるというわけです。

さてここで、もうひとつ別視点で考えてみましょう。

女の子と出会い、ゲットするということは、

スタート : 声を掛けること

ゴール : ホテルや家に連れ込む

ということですよね?

このスタート〜ゴールの間に行われることとは、
一体何かわかりますでしょうか?

もちろん、場合によりますし、
かかる時間も違うかもしれません。

ただ、このスタート〜ゴールのプロセスにおいて、
絶対に避けることができないものがあります。

それが、二人の間で行われる”会話”です。

当然、口説き方にも色々とあり、
その背景には理論やテクニックは存在します。

ただここで再度認識して頂きたいことなのですが、
初対面から恋愛関係(ゲットできる関係性)になる間には、
確実に”コミュニケーション”が無ければいけません。

おそらく誰しも、一切のコミュニケーションを取らずに、
女の子と付き合うことになったことは無いはずです・・・w

当然、ストリートナンパだけで無く、
ネットナンパでもそうですよ。

ネットナンパからゲットするということはあっても、
間違いなくメールなどの”文字のやりとり”が必要です。

従って、実は恋愛においては

”コミュニケーション”

は、恋愛において絶対に
避けることができないことなのです。

つまり”会話スキル”ですよね。

恋愛を成立させる”手段”としての会話

会話スキルというのは”手段”です。

”理論”を具体的に実践するための
本当に”強力な手段”です。

言うなれば、会話スキルを高めるということは、
戦いにおいて”刀の切れ味を磨くこと”だと思います。

いくら戦い方を知っていたとしても、
切れ味の悪い刀を使っていれば不利です。

逆に言えば”刀の切れ味”がよければ、
一発でも当たれば相手に大きなダメージを与えることができます。

恋愛において会話スキルを磨くということは、
大きく”攻撃力”を高めていくことに等しいというわけです。

だからこそ”現状の可能性”を
大きく広げることができるのです。

会話スキルを学ぶ

会話スキルというものは、
一見して”感覚的なスキル”です。

おそらく、多くの方が会話スキルを向上させられないのは、
その”感覚的な部分”にとらわれているからだと僕は思います。

僕のブログやメルマガを読んで下さっている方であれば、
既に”感じ取って頂いていること”だと思いますが、
恋愛にも”理屈で分析できる側面”があります。

そういう話をこれまで、
僕のこのブログやメルマガで発信してきたわけですから。

”恋愛”という大きな枠組みですら、
理屈で語ることができる側面があるわけですから、
”会話スキル”もそうできないはずがありません。

是非、そんな”会話スキル”の理論的な側面を
システマチックに学びたい場合は、
こちらも見ておいて下さい。