根岸です。

人間という生き物は、
基本的に変化を嫌うという性質を持っています。

ダイエットなんかに取り組まれた経験などがあれば、
おそらくご存知かと思いますが、

ホメオスタシス効果

という性質が人間には、
生まれながらにして組み込まれているわけですねw

簡単に言えば、ホメオスタシス効果とは、
”変化に対してストレスを感じる性質”です。

特に僕のブログやメルマガを読んで下さっている方は、
「自分を変えよう!」という気持ちだと思いますし、
そんなプロセスにおいて

ストレス

を感じたことがあるのでは無いかと思います。

「あー、がんばってもうまくいかねーなー」

という感情によってストレスを感じるのも、
まさにホメオスタシス効果が働いている例です。

恋愛でこれまで結果を出せなかったのに、
これから結果を出せるということは、
少なからず、

自分に変化を与える

ということが必要になります。

ということは自ずと、
ストレスがかかってしまうことは
ある意味では当然だということです。

恋愛活動とストレス

今回なぜ、そういった話をしたのかと言いますと、
まさにホメオスタシス効果である、

変化するとストレスを感じる

という性質が人間にあるということを
知らない方が多いと思ったからです。

このことを知らないと、
すぐに恋愛でもダイエットでも挫折してしまうんですよ。

逆に言えば、変化に対して人間が
ストレスを感じるということを知っていれば、
むしろストレスは歓迎するべきものですよね。

なぜならそれは、

自分自身が変化していることの証明

に他ならないからです。

だからこそ、特に恋愛活動には、
自分に大きな変化を与えるときほど
大きなストレスを感じるかもしれません。

ナンパもそうですよね。

街で声を掛けたことが無い人間が、
いきなり知らない女性に声を掛けるということは、
大きく自分の行動パターンを
変化させることです。

そこには当然、誰しもがストレスを感じます。

それはしょうがないことなのですが、
むしろ前向きなストレスだということを
この機会に是非、覚えておいて下さい。

ストレスに負けそうになったら

ただ、最後にストレスに対して、
簡単な対処方法をお伝えしておきたいと思います。

やはりストレスを歓迎すべきものだと考えても、
下手に与えすぎることはよくありません。

スポーツもそうだと思いますが、
練習して体にストレスをかけすぎると、
逆に体を壊してしまいますよね。

やはりストレスはかければかけるほど良い
というものでは無いということです。

ただ、これは僕の経験であったり、
多くの方の話を聞いていて思ったことなのですが、
一度に自分にかけることができるストレスの量は、
徐々に増やすことができるのです。

ですので、自分が耐えられる量のストレスから始めましょう。

そして、徐々に増やしていきましょう。

それこそスポーツでもそうですよね。

徐々に練習量を増やしていくはずです。

ですので、現状の自分を客観的に見て、
どれくらいの量のストレスをかけていくか、
という基準を考えてみて下さい。

まぁもちろん、それなりのストレスをかけなければ、
変化できるほどのエネルギーは生まれないと思うので、
そこら辺は見極めることが大切ですね。

ちなみに僕もあまり精神力が強くないので、
ちょっとしたイメージでストレスを乗り切っています。

具体的に言うと、
「神様が見ているから~しよう」というような、
納得できない考え方をすることは嫌いですが、
僕はそういった考え方を応用して、

かわいい女性が今、自分を見ていたらどう行動するか

を基準にして行動していますw

誰しも経験はあると思いますが、
好きな女の子が見ているときは、
だいぶやる気が出ますよね?w

これをイメージで応用するわけです。

マイナス思考やネガティブ思考になりがちなときこそ、
自分の好みの女性が見ているという妄想で、

「こんな俺を見せたらダサいぞ」

と奮い立たせているということですw

僕個人的にはすごく有効な考え方だったので、
万人に使えるかはわかりませんが、
是非試してみて下さい。