根岸です。

昨日は久しぶりにナンパをしに出掛けたのですが、思ったことをひとつ書いていきたいと思います。

ナンパを行うことの目的って、基本的に”自分好みの彼女”を作ることだと思います。

中には「とにかくやりたい」みたいな人もいるかと思いますが、少なくとも僕は”普通では出会えないレベルの美女”を落とすことを目的にナンパをしています。

では、どのようにして美女をナンパで口説いていくのでしょうか。

美女の落とし方

よく、勘違いをしがちなことを注意点として書いていきたいと思います。

それは、”レベルの低い女の子”(失礼ですが、ブス)から順番に攻略して、自分が成長していけば自然とレベルの高い美女も落とせるようになるという勘違いです。

現役のナンパ師も含めて、多くの方はブスから落としていって、だんだんかわいい女の子を落とせるようになると思っていると思います。

はっきり言っておきます。

この”考え方”は間違いです。

以前の記事でも僕は書いたことがありましたが、基本的にブスとかわいい子では”反応が取れるアプローチ”は違います。

言ってしまえば、落とし方は全く別物と言っても過言ではありません。

勿論、レベルの低い女の子や落としやすい女の子を適度に倒していくことが間違っているということではありません。

やはり、結果を出すことによってモチベーションは継続されますから、自分の本当に落としたい美女だけに絞ってナンパを行うこと以外にもメリットはあります。

ただ、”自分が落とせるレベルの女の子”ばかりを狙ってナンパをしていても、成長は絶対にあり得ません。

なぜなら、自分が落とせる女の子の反応を取る方法ばかりを磨いたって、自分が本当に落としたい美女の反応を取る技術を磨かなければ美女を落とすことはできません。

言ってしまえば、レベル3のポッポを100回倒しても、四天王を倒す練習にならないのと同じことです。

僕が言いたいことは、四天王を倒す練習をしたいのなら、四天王に挑戦するしかないということです。

ポケモンのゲームの世界だってそうです。

別に四天王に挑戦して負けたとしても、セーブしておいたところから再度始めることができます。

そして、”自分がなぜ勝てなかったか”を分析して対策を練れば良いだけの話です。

その後もう一度挑戦すれば良いですし、勝てるまでそれを繰り返し続ければ良いという事です。

ナンパも全く同じですよ。

倒したい目標がいるのなら、まずは”目標”に対して声を掛けに行くしかありません。

そして、反応が取れなかったなら自分なりにいろいろと試してみて下さい。

あるいは、既にうまく行っている人からノウハウを吸収したり、テクニックを教えてもらったりしていろいろと試さなけれえば始まりません。

キャタピーやポッポに声を掛け続けても、必要な経験はできませんよ。

声を掛けて断られても死ぬわけでも逮捕されるわけでもありません。

むしろ何も自分に損はありません。

経験値を積んで、ダメだった理由を自分で考え、成功できるまで修正し続ければ良いのです。

「自分は、まだまだあの美女を倒せるレベルじゃないから」

こういった考え方は非常に勿体ない考え方です。

是非ガンガン”自分の落としたい美女”に声を掛けていきましょう。

参考
>ナンパの基本理論