根岸です。

彼女ができたこともあるけど、本当に”好きな女の子”とは付き合ったことが無い・・・そんなお悩みを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ということで、本日は狙った女の子を落とす方法について解説してみます。

マイケル富岡に学ぶ恋愛テクニック

先日、ふとテレビを見ているとき、マイケル富岡さんが非常に興味深い話をしていました。

マイケル富岡さんは、マイケルチーム(笑)というものを作っていて、12股をしていることを公言しています。

そしてその番組内で、マイケル富岡さんは”モテるために最も重要なポイント”を説明していました。

そのポイントが、”狙った女の子を落とすために何をすれば良いか?”という問いに対する、非常に僕も共感できるものだったので、今回僕の意見も踏まえて解説したいと思います。

では一体、マイケル富岡さんが”モテるためには何が重要だ”と言っていたのか。

マイケル富岡さん曰く

「”ターゲットの女の子を、徹底的にプロファイリングする”ことを行えば、どんな女性でも落とせる」

とのことでした。

要するに、”徹底的にその女の子についてリサーチしろ”ということですね。

このマイケル富岡さんの発言に関しては、僕も非常に的を射た理論だと思っています。

その理由としては、僕はよく恋愛をマーケティングに置き換えるのですが、今回もマーケティングの理論から説明すると、非常に納得頂けると思います。

まず、”マーケティング”とは、商品を売るための手法ですよね。

商品を、ターゲットの顧客に対して売り込んで買ってもらう

ということは、

自分を、ターゲットの女の子に対してアプローチして彼女になってもらう

ということに対応します。

だからこそ、商品を売るという見方で恋愛を捉えれば、クリアに明確に”どうすれば女の子を落とせるか”ということにつながるのです。

それでは、話を戻しましょう。

なぜ、女の子をプロファイリングすることが”モテること”につながるのでしょうか?

自分を、まず”商品”だと置き換えてみましょう。

実は、商品を売るためにまず企業のマーケッターが行うことは、”市場のリサーチ”なのです。

どういう意味かと言いますと、今の時代、物を作れば売れる時代ではないということです。

そこで、企業が利益を得るために行うことは、まず”ターゲットとなる市場”を徹底的にリサーチして、

・どんな商品が売れそうか?
・顧客はどんな悩みを持っているか?
・顧客はどんな物を便利と感じるのか?

ということをまずは知り、”どんなものが売れそうか”を予測するのです。

こうすることによって、”大きく外れる”ということがありませんし、赤字になることはまず考えられないという”戦略”なわけですね。

これを”恋愛”で考えますと、商品=自分・市場=女の子ですので、市場のリサーチは”女の子についてリサーチする”ということにあたります。

だからこそ、マイケル富岡さんが言うように、しっかりと”ターゲットの女の子をプロファイリング”することによって、その女の子が”何を求めているのか”を知ることができるのです。

本当に、恋愛は”落としのテクニック”や”モテるための方法”というようなものが重視されがちなのですが、実は女の子を徹底的に分析することの方が大事だったりします。

是非、女の子を落とすために”落とし方”だけでなく、”女性心理を理解する”あるいは、”ターゲットの女の子を理解する”ということを実践していくようにしましょう。

その結果、絶対に狙った女の子を落とせるようになります。

参考

ただ、今回の記事は少しばかり中級車向けの記事です。

”女の子をひとりひとりリサーチする”と言う前に、まずは女の子に対する”一般論”を以下の記事から身に着けて下さい。

>女の子の落とし方 基本編

>主導権を握るとは?