どうも、根岸です。

今日はナンパおすすめ場所について書いていきたいと思います。

ただ、「ナンパおすすめの場所」というよりも、まずは”おすすめしない場所”を考えて頂いた方が良いかもしれません。

なぜなら、ナンパができる場所というのはたくさんあるからです。

本来、ナンパというのはどこでもできるものですし、「ここでナンパしたらちょっと周りの目が痛いなーとかここはナンパするべきところではないだろう・・・」と思って萎縮していては勿体無いです。

ただ、著しく成功率が低い場所があることは事実です。

僕は今でこそどんなところでも一定の確立で成功できるのですが、確かにナンパを始めたばかりの時期は”ある場所”でかなり成功率が低かったことを覚えています。

それは、”ホスト・スカウトが多いところ”です。

たとえば、大阪の難波のひっかけ橋なんかはホストとガールズバーの勧誘でごった返しているわけですし、その近辺はスカウトマンがめちゃめちゃいるわけです。

大阪に行ったこと無い人はすみませんが、自分がひっかけ橋近辺を歩くときのことを考えてほしいです。

まず、「声かけられるかも」というように気構えてしまうはずです。

ナンパって、実はちょっとしたサプライズが入ると判断力が鈍って成功率が高まることもありますし、声をかけられることがわかっている状態で声をかけても冷静に対処されてしまいます。

要するに、”理性を保たれたまま対応されてしまう”んですよ。

ちょっと考えれば当たり前のことなんですけど、スカウトやホストが声をかけまくってるスポットというのは「またか」と思われて、非常に成功率は低くなります。

しかし注意点なのですが、そうは言ってもそういった難波のひっかけ橋付近でナンパをしている人もいます。

特にナンパをしたことが無い人というのはそういったところでやる傾向が強いようですね。

なぜかわかりますか?

それは、「皆が声をかけてるところだし、俺が声をかけても恥ずかしくない」という気持ちがあるからです。

確かに、いろんな人が声を掛けているスポットですから、抵抗感は薄れるかもしれません。

ただ、その分声を掛けられている人が多いため成功率も低いのが実情です。

最初のモチベーションアップや動機づけ、準備運動として自分が声の書けやすい場所でナンパを始めるのもありだと思いますが、正直言って成功率が高い場所は「こんなところでナンパする??」というようなところで、そういう場所でナンパした方がよかったりします。

たとえば、地元のスーパーなんかで声を掛けたら、絶対ガンシカなんて無いわけですよw

まさかナンパだとは思いませんからね。

スーパーは極論かもしれませんが、ベストなスポットとしては”人通りが多い”かつ”スカウトやホストと思われない”場所が良いかなーと思います。

それか、ホストやスカウトが出てくるのは夜ですから、そういう時間帯を避けるのも一つの手ですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

参考
>根岸が学んだ”ナンパ理論”